フォト

働いているところ

他のアカウント

Twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 東京出張 | トップページ | 求む男子。至難の旅 »

2008年1月28日 (月)

必死の覚悟とは

この間の「葉隠」の記事の中に「必死の覚悟」ということを書きましたが、その後「必死」という言葉に対しての気づきを得る機会がありました。
「必死」というのはもの凄く大変な事のような気がしますが、実は当たり前の事なのだということです。

「必死」という言葉は、必ず死ぬ、と書きます。
一方、私たち人間を含め、生き物には必ず死ぬときがくる。
つまり私たちは誰もがすでに「必死」なのだということですね。

それがいつなのかは分からないが必ずそのときは来る。
何十年も後かもしれないが、ひょっとしたら明日かもしれない。
もし、明日死ぬのだとしたら、今日、今、何をすべきなのか。

いつ死ぬのか分からないからこそ、この貴重な1日1日を大切に生きなければならないわけで、「一期一会」といわれる人との出会いも同じですね。

それを考えると葉隠の、
毎朝、毎夕、改めては死に、改めては死に、常に死に身なっている時は、武道に自由を得て、一生落ち度無く役目を全うできるものである。

という言葉がストンと腹におちます。

死ぬことを考えることは、じつは生き方を考えることに他なりません。
長生きしそうな性格ではありますが、いつ死んだとしても後悔しない人生を送っていきたいと思います。

« 東京出張 | トップページ | 求む男子。至難の旅 »

コラム(ためになりそうな話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508678/40184927

この記事へのトラックバック一覧です: 必死の覚悟とは:

« 東京出張 | トップページ | 求む男子。至難の旅 »