フォト

働いているところ

他のアカウント

Twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 決定と決断 | トップページ | 手帳の使い方について »

2008年2月24日 (日)

社長の仕事とは

社長の仕事とはなにか。

先日、自分が行っている仕事を整理するために、過去を振り返りながら洗い出してみた。

朝会や各種打合せの出席から、会計データの確認と対処、メールの確認返信、見積や発注書の決裁、成果物やドキュメントの確認、といったレベルのくくりで、毎日、ほぼ毎日、定期、随時に分けて挙げてみたところ、全部で80あまりになった。
単純な作業がある一方、面接や採用の判断、契約の確認、人事に関する評価など神経と時間を費やさなければならないものも多い。
あまりにも多く、しかも多岐にわたっている。

しかし、私は、社長の本当の仕事は決定だと思う。
日々発生する課題や相談などに対して、小さいものから大きなものまで、かなりの数の意思決定を毎日しているが、その中でももっとも重要な決定は、会社の方針に関する決定である。
その判断いかんによって、会社は繁栄もするし、つぶれることもある。

決定とはその結果に対して責任を持つということである。
会社においては、そのすべてに最終的な責任を負うのは社長である。
したがって決定は社長にしかできない。

中小企業の社長に絶大な人気を持たれた一倉定先生は、
「社長とは経済に関する危険を伴う意志決定をする人である」
とおっしゃっていた。

まさしくその通りである。

今、もっとも大切な意思決定である経営計画書の作成を行っている。
ここ1ヶ月、毎週土日作業になっているが、まさに正念場である。

« 決定と決断 | トップページ | 手帳の使い方について »

コラム(ためになりそうな話)」カテゴリの記事

コメント

私も今さっきブログ更新した所です。よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508678/40249379

この記事へのトラックバック一覧です: 社長の仕事とは:

« 決定と決断 | トップページ | 手帳の使い方について »