フォト

働いているところ

Twitter

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 花火大会 | トップページ | 夏の日 »

2010年8月11日 (水)

ユーザビリティとは「使い心地」

私の会社では、ウェブサイトの構築やシステムの開発を行っているのですが、それらを行う上で基本となる大切な考えがユーザビリティです。

ユーザビリティ(Usability)とは、英語のUse(使う)とability(可能)を組み合わせた造語で、日本語では「使いやすさ」や「使い勝手」と訳されて使われます。

「アクセシビリティ」や「ユニバーサルデザイン」と近い概念ですが、いずれも学術的には「人間工学」と呼ばれる一種の科学的分野の中に含まれています。

「人間工学」は、欧州をルーツとする、身体に負担をかけない工業製品を作る考え方であるエルゴノミクス(Ergonomics)と、アメリカで生まれた、ヒューマンファクター(Human factors engineering)の考え方を包括する実践的な科学です。
エルゴノミクスは、身体的な負担や効率を考えるいわば工学的な分野なのに対し、ヒューマンファクターは、表示(インタフェース)や認知、認識、学習、人間心理などの分野までを含む大きな概念です。

さて、「ユーザビリティ」は、その「人間工学」の中に含まれるひとつの概念ということが出来ると思いますが、ユーザビリティを定義するひとつの指標である ISO9241-11 という規格では、ユーザビリティを、

ある製品が、特定の利用状況、特定のユーザーによって、特定の目標を達成するために用いられる際の、有効さ(Effectiveness)、効率(Efficiency)、ユーザーの満足度(Satisfaction)の度合い

であるとしています。

System usability comprises the extent, to which a product can be used by specified users to achieve specified goals with effectiveness, efficiency, and satisfaction in a specified context of use, where:

    * Effectiveness measures the accuracy and completeness with which users achieve specified goals;
    * Efficiency measures the resources expended in relation to the accuracy and completeness with which users achieve goals;
    * Satisfaction measures the freedom from discomfort, and positive attitudes towards the use of the product."

さてさて、

小難しいことを書いてきましたが、

ユーザビリティを考えていく中で、思い立ったのは

ユーザビリティとは、つまり「使い心地」のことではないかということです。

「使いやすさ」や「使い勝手」という言葉で、有効さ、や、効率をとらえることはできると思いますが、私は、真のユーザビリティとは、3つ目の「ユーザーの満足度」を高めることだと思っていますので、それを言い表す言葉としては「使い心地」がぴったりなのではないかな。と思った次第です。

何のオチもありませんが、以上です。

« 花火大会 | トップページ | 夏の日 »

コラム(ためになりそうな話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508678/49122932

この記事へのトラックバック一覧です: ユーザビリティとは「使い心地」:

« 花火大会 | トップページ | 夏の日 »