フォト

働いているところ

他のアカウント

Twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の1件の記事

2012年10月31日 (水)

伝統は守るもの、歴史はつくるもの

先日、東京に出張したおりに、銀座でカツカレーを食べました。
なかなか昼食を食べられないまま、14時前くらいになってしまったので、(いつもお世話になっている)有楽町駅の吉野家で簡単にすまそうかとも思ったのですが、カツカレー発祥の店が近くにあると聞いて、カレー大好きの私は、その店「銀座スイス」さんに行きました。

時間が外れていることもあり、ちょうど帰っていったお客さんと入れ替えで、客は私一人だったので、色紙が入った額とともに新聞の切り抜きが貼ってある、よさそうな席に座ったのですが、その記事にカツカレー発祥の話しとともに、良い言葉が書いてありました。

カツカレーが誕生したのは昭和23年のことで、この店の常連であった巨人軍の千葉茂氏が、いつも別々に頼んでいたカツレツとカレーを手っ取り早く食べられるようにと、「カレーにカツをのせてくれ」と頼んだのがはじまりだそうです。

その後、カツカレーはたちまち人気メニューになり、店主の庄子さんから「この味を守り続けたい」と言われた千葉さんが、返したのが表題の言葉「伝統は守るもの、歴史はつくるもの」だったそうです。
なるほど、歴史はつくっていくものであり、つくられたものの中から良い物が伝統となっていくわけですね。

長い歴史の中で工夫と改良を加えられただろうカレールーは、揚げたてのカツと調和してとてもおいしかったです。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »