フォト

働いているところ

他のアカウント

Twitter

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カテゴリー「遊び心を感じる話」の6件の記事

2013年6月 4日 (火)

メルセデス・ベンツのCMその2 'Sunday driver'

前回に続き、メルセデスのCMで面白いものをもう一本。

 

Sunday driver(サンデードライバー)とは、サンデーつまり休日である日曜日くらいしか車の運転をしないというところから、運転が稚拙な人を揶揄する言葉です。

 

 

Mercedes-Benz.tv: TV spot 'Sunday driver'

でも、「サンデードライバー!」と嘲笑気味に言う男性も、言われて笑みを返す男性も、F1ドライバーですよね。。。

 

ミカ・パウリ・ハッキネン(Mika Pauli Häkkinen)
ミハエル・シューマッハ(Michael Schumacher)

 

本国、ドイツでは、Sonntagsfahrer と言うようです。

 

Mercedes-Benz.tv: TV-Spot "Sonntagsfahrer"

関連する記事
車の運転は上手くありたい

2013年5月28日 (火)

メルセデス・ベンツのCM 'Sorry'

前回の記事で悪魔が登場する話を書いたので思い出したのですが
メルセデス・ベンツのこのCMは、なかなか秀逸です。

 

最近、日本でも、レーダー搭載でぶつからない車の効果を、各社いろいろな工夫をして伝えようとしていますが、これほどウイットにとんだCMは無いですね。

 

メルセデスを運転していて、ふと気がつくと助手席に悪魔(というか死神だね、たぶん)が乗っていたという、'Sorry' (すまんね) というタイトルのCMです。

最後の死神の残念そうな顔がたまりません。

2011年5月 9日 (月)

心霊写真か・・・? (・・)

少し前の出来事ではあるが、

用事を済まし、半地下に停めた車に戻ると・・・・

     ・

     ・

     ・

     ・

誰も乗っているはずの無い車の

後ろの席に人影が・・・! (゜o゜;

     ・

     ・

     ・

Img_0436

     ・

     ・

     ・

一瞬、ギクッとしたが・・・

     ・

     ・

美人のようである。。。

     ・

     ・

     ・

     ・

     ・

こういうことでした。

Img_0437

2010年3月26日 (金)

あなたのトマホークは・・・

前回に引き続き、気の利いたセリフを。
(ただし女性の方には少し顰蹙かも。。。)

かなり昔のことですが、
アメリカか国内のレストラン(だったと思う)の男子トイレ(小便器)の前に立った時に、目の前に張ってあった注意書き。
(ネットで検索したところびっくりドンキーというステーキチェーンにあるらしい)

----------------------------------------

       Please Stand Closer
Your TOMA HAWK is not so long as you wish.

          Manager

----------------------------------------

訳すと、

---------------------------------------------

もう少し近くに寄ってください。

あなたの " トマホーク " は、あなたが願っているほど
大きくはありません。

 マネージャー

---------------------------------------------

となる。

「トマホーク」とは、米軍の巨大なミサイルの名前です。

男子トイレには、飛び散らせて床を汚さないようにと、この手の張り紙がしてあることが多いですが、その中でも特に秀逸な作品です。

広告の仕事に携わる人間としては、こういった注意喚起にユーモアを含めた文句には、感心してしまいます。

2010年3月19日 (金)

ボスは常に正しい

少し前に、新聞で読んで面白かったので。
アメリカの野球場かどこかのベンチか選手の控室に掛かっていた看板だと紹介していたように思いますが。

-------------------------------------
Rule #1
THE BOSS IS ALWAYS RIGHT.

Rule #2
IF THE BOSS IS WRONG, SEE RULE #1
-------------------------------------

日本語にすると、
-------------------------------------
ルール1
ボスは常に正しい

ルール2
もしボスが間違えたら、ルール1を見よ
-------------------------------------

となります。
洒落てますね。

ボスをカスタマー(お客さん)にしたものもあるようです。

2009年12月 7日 (月)

ユーモアとウィットがコミュニケーションを素敵にする

先日の新聞の夕刊に載っていたコラムが面白かった。

イギリスの首相、ウェンストン・チャーチル氏の言葉を紹介していたのだが、

曰わく

「民主主義というのは、どうやら最悪の政治形態のようだ。
ただし、それ以外のいままで試されてきたすべての政治形態を除けば、だが」。

It has been said that democracy is the worst form of government except all others that have been tried.
.

欧米の政治家の発言には、このようにひねりやユーモア、ウィットが利いたものが少なくない。

.

俳優から大統領になった、ロナルド・レーガン大統領が、銃撃された暗殺未遂事件で、肺に留まった弾丸の緊急摘出手術をする医師団に、 「君たちは、もちろん共和党員だろうね?」  と訪ねたというジョークも秀逸である。生死の際での、この”ハードボイルド”なユーモアはなかなかできるものではあるまい。
聞かれた医師団も 「大統領、ご安心ください。今日一日は全員共和党員です」 と答えたという、素敵なおまけもついている。

翻ってみて、日本の政治家の発言にはこのようなものが少ないようだ。
何かを茶化したり、皮肉を込めたりした発言を聞くことはあるが、それらはユーモアやウィットなどとは対極にあるものである。

日本には、落語という素晴らしい「話」の文化と技術があるのだから、政治家として大成するためにも、噺家の指導を受けて練習してみたら良いのではないかな、と(余計なお世話ですが)思った。